東洋医学の鍼灸院は、表参道・青山にある源保堂鍼灸院へ(東京都内の鍼灸専門院) (C)表参道・青山・源保堂鍼灸院

住所 150-0001  東京都渋谷区神宮前4-17-3 アークアトリウム101 / TEL&FAX  03-3401-8125
Email mail@genpoudou.com 開院時間  月・火・水・金 10:00~20:00 / 木・土 10:00~16:30



HOME > 第1回『ツボ療法を超えて(1)』

ツボ療法を超えて(1)

2004年9月23日(2009年2月9日改訂)


 昨今テレビや雑誌で鍼灸医療が取り上げらることが多くあります。こういった特集が組まれるのは、薬に頼らず自己治癒力を高めることで、強い身体を作っていこうという意識が広まっていることの現われなのかなと思います。鍼灸医療に携わる者として、このように鍼灸の世界が多くの人に紹介されること、それ自体はとても喜ばしいことであります。どんな特集が組まれているのだろうと、鍼灸に携わっている者として、時間が合えばこういった番組を観ることもあります。しかしその内容を見ますと、プロの鍼灸師としては正直、鍼灸の世界が認知されると喜んでばかりもいられないと思うこともあります。それは、特集の内容のほとんどが、「咳には○○のツボ」「頭痛には○○のツボ」というように、ツボと病気や症状を短絡的に結びつけたものになっていることで多いからです。これではあまりに短絡的過ぎでありますし、本来の鍼灸治療の本質が伝わってきません。せっかくテレビや雑誌で鍼灸の世界が取り上げられても、これでは鍼灸医療はツボを押すだけ、という印象になってしまいます。
 それでは鍼灸の世界をしっかりと守っているであろう我らが鍼灸師の現状はどうでしょうか?よくよく見てみますと、鍼灸のプロであるはずの鍼灸師の多くもまた、このようなテレビや雑誌に取り上げられていることと大差のないことを治療と称してやっています・・・。
 もちろん鍼灸医学とツボは切っても切れない関係にあり、ツボなくしては治療は出来なません。しかし、ツボは病気や症状、そしてそれが治療に直結するようなものではありません。病気の側から考えてもわかることですが、病気の成り立ちは複雑で、深く慢性になっているものほど病の根は深いものです。それほど深い病が、ツボを押しただけ、つぼに鍼をしただけで軽減されるとはかなり乱暴な話だとうことは、少し想像しただけでもわかることだと思います。確かにツボはとても効きます。しかしただツボを押しただけでは効きません。身体がどのような状況にあり、病の原因がどこにあるのか、そういったことを診察し、的確な刺激をして初めてツボは効果を発揮します。
 ここを押したらこの症状が軽減されます式の、短絡的に症状や病名に合わせてツボを使用するのは、単にツボを使っただけの「ツボ療法」でしかありません。重要なのは、治療者がいかに患者さんの病態を把握し、病因を退散させるか、そしてそのためにはいかにツボを運用するか、ということにあります。
 ツボというものは押されると気持ち良いものであります。そういった面からもツボが直感的にもわかりやすく理解され、一般的になりやすいものです。軽いものであればそれで効くこともないとは言えません。しかし、わかりやすいゆえにその理解は「ツボ療法」程度にとどまっていることが多く、鍼灸もまたツボ療法と同等の価値しかないと思われがちなところがあります。。
 表参道・青山・源保堂鍼灸院では、患者さんの自己治癒力を活用して、根本から治していく治療をしていますが、しばらく「ツボ療法を超えて」と題し、「ツボ療法」ではない鍼灸の本質を述べてみたいと思います。しばしお付き合いをいただければと思う次第です。

『内経知要』(李中梓著)に掲載されている顔面の図。 (C)表参道・青山・源保堂鍼灸院

より深い理解のための参考図書

LinkIcon『鍼灸の挑戦-自然治癒力を生かす』 松田博公著 岩波新書
LinkIcon『「気」で観る人体-経絡とツボのネットワーク』 池上正治著 講談社現代新書
LinkIcon『東洋医学を知っていますか』 三浦於菟著 新潮選書

より深く学びたい方へのサイト

LinkIcon『東洋医学・鍼灸を学ぼう!』

btn_pagetop01.gif

wt2_prev.gif

wt2_next.gif

東洋医学って何?

第46回~47回

第41~46回

第40~31回

第30~21回

第20~11回

第10~1回

初心者にお薦めの本

toyokenbunroku.jpg

51E20035JCL.jpg

shinkyunotyousen.jpg

『クロワッサン漢方・ツボ・薬膳・気功の本』