表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 東洋医学の鍼灸は源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛

Loading

住所
150-0001  東京都渋谷区神宮前4-17-3 アークアトリウム101
TEL&FAX
03-3401-8125
Email
表参道・青山・原宿の鍼灸院、源保堂鍼灸院のアドレス
開院時間
月・火・水・金 10:00~20:00 / 木・土 10:00~17:00
休診日
日曜日・祝日

表参道・青山・源保堂鍼灸院の案内(C)表参道・青山・源保堂鍼灸院

源保堂鍼灸院のHP HOME (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院源保堂鍼灸院のHP HOME (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院源保堂鍼灸院のHP HOME (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院源保堂鍼灸院のHP HOME (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院源保堂鍼灸院のHP HOME (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院源保堂鍼灸院のHP HOME (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院


源保堂鍼灸院の鍼灸の特長 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症

HOME > 東洋医学・鍼灸医療のよくあるQ&A > 【鍼灸の効用についてのQ&A】_Q&A

鍼灸治療の効用についてのQ&A(C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症など

Q.鍼灸治療はどんな病気や症状に効きますか?

A.鍼灸治療は様々な症状、病気に効果があり、WHO(世界保健機構)も、鍼灸の適応症を認めております。

患者さんが挙げる主訴のうち、当院に通われて実際に良くなった例で、主なものを以下に挙げておきます。
※ ここに挙げたものの他にも、効果が出ているものは多くありますので、何か他の症状をお持ちの方は、お気軽にご相談 ・ご質問下さい。
※ 効果がどれくらいで現れるか(治療回数・治療期間・治療頻度など)は個人差がありますので、ご了承ください。

患者さんが訴えられる主な症状

  • □ 肩や首がこる
  • □ 動悸がする
  • □ 背中が痛む
  • □ 食欲がない
  • □ 疲れやすい
  • □ 眠れない
  • □ 便秘
  • □ 腰が重い
  • □ 冷える
  • □ めまいがする
  • □ のぼせる
  • □ 足・顔などがむくむ
  • □ 関節が痛む
  • □ 目がかすむ
  • □ 背中が張る
  • □ 下痢をよくする
  • □ だるさがある
  • □ 頭痛がある
  • □ イライラする、ストレスがたまる
  • □ 手足がしびれる
  • □ 風邪をひきやすい
  • □ 生理痛がひどい
  • □ 目がかすむ
  • □ 風邪の初期症状
  • □ 口内炎がよくできる
  • □ 甲状腺
  • □ 汗が出る(病的なものとして)
  • □ パニック症候群
  • □ お腹が張る(ガスがたまりやすい、便秘がちなどによるもの)

WHO(世界保健機構)が定める鍼灸治療の適応症

以下に示す適応疾患はWHO(世界保健機構)の定めるものです。

  • 神経科系疾患
    • 坐骨神経痛  三叉神経痛 肋間神経痛 慢性頭痛 パーキンソン病
  • 運動器系疾患
    • 腰痛(急性 慢性)肩こり 五十肩 背部痛 椎間板ヘルニア 関節炎 筋肉痛 腱鞘炎 寝違え ムチウチ症 バネ指 頸腕症候群
  • 婦人科系疾患
    • 生理痛 月経異常 子宮筋腫 子宮内膜症 不妊症 更年期障害 冷え症
  • 消化器系疾患
    • 慢性胃炎 胃痛 食欲不振 便秘 下痢 消化不良 胃・十二指腸潰瘍
  • 泌尿器系疾患
    • 腎炎 尿道炎 膀胱炎 頻尿
  • 内分泌系疾患
    • 糖尿病 リウマチ 膠原病 甲状腺疾患 肥満症
  • 耳鼻科系疾患
    • 耳鳴り 難聴 アレルギー性鼻炎 花粉症 副鼻腔炎
  • 眼科系疾患
    • 眼精疲労 ドライアイ 白内障 緑内障 眼瞼下垂 網膜症 仮性近視
  • 小児科系疾患
    • 発育不良 夜泣き 夜尿症
  • その他の疾患
    • 自律神経失調症 線維筋痛症 うつ病 パニック障害 慢性疲労症候群 疲労倦怠感 アトピー性皮膚炎 パーキンソン症候群


東洋医学の鍼灸院 表作動・青山・源保堂鍼灸院 (C)表参道・青山・源保堂鍼灸院
源保堂鍼灸院へのお問合せLinkIcon
鍼灸治療のお申し込みLinkIcon
治療のご相談のお申し込みLinkIcon

Q.鍼灸治療に即効性はありますか?

A.時と場合によって鍼灸治療にも即効性があります。

慢性、急性に関わらず、鍼をしたときの身体の変化(お腹が柔らかくなる、肩が楽になる、背中の張りが取れるなど)はその場で出てくることが多くあります。また、昨日、今日できたような急性の浅い病気や症状(ぎっくり腰、寝違えのようなもの)で、患者様に他に悪いところがなく、体力が残っているときは、1~3回の治療で症状もかなり改善され、そのまま症状が出ないこともあります。そういった意味では鍼灸にも即効性があります。
しかし、いずれの場合も必ずしも即効性があるとは言い切れず、治療を施してみて、経過を見ながら症状の緩みを確認するというのが正直なところです。これは、身体というものが全て一様にできているものでもなく、機械でもありませんので、個人差や状況による違いで効果の出方には差があるためです。

急性の病でもこのような差がありますが、慢性的なものになりますと、さらに個人差があり、回復に向かう身体の変化も少しずつ回を重ねながら進むことが多くあります。一回の治療でも症状は楽になりますが、こと症状をすっかり“治す”ということになりますと、回数と期間はかかります。
身体の不調を完全に治していくためには、間隔を空けずに治療を重ねて受けながら治療効果を身体に受け止めていき、体質を向上していく必要があります。また鍼灸治療を継続して受けると同時に、食生活をバランスの良いものにしたり、生活様式を季節に合わせるなど、日常生活の改善もしていただけると効果が出やすくなりますので、鍼灸治療を受けながら、そちらの改善もしていただきたく思います。

臨床的に考える治療回数・頻度の目安を記しておきましたので、参考にしてください。


《治療の目安》

【症状が慢性的な場合】

期間  長期
頻度  週1~2回

慢性的な疾患や症状は、疾患ができるまで時間がかかっており、場合によっては内臓の疲労や内臓の不調和から来ていることも少なくありません。この場合は、自己治癒力と病への抵抗力が下がりきっていることが多いため、治療間隔を週2回~週1回ほどにすると効果的です。その後治療経過を見ながら、症状が改善されていくのを診て、治療間隔を空けるようにしていきます。治療期間は長期になります。

【症状が急性期の場合】

期間  短期
頻度  治療の最初は間をあけずに続けて治療すると効果的です。

ぎっくり腰や寝違いなど、症状が出てまだ間もない急性期のものは、病が深く入っていないので、症状が改善されるのも早いのですが、症状が改善されるまで間を空けず毎日、または一日おきなどの間隔で治療を受けると効果的です。
治療期間は短期になります。ぎっくり腰などは1~数回で治ることも多いです。

【体質改善・体力向上の場合】

期間  長期
頻度  週に1回または2週に1回など

治療をはじめたときの体力、体質にもよりますが、週一回から二週に一回くらいのペースで、長い目で見ながらの受診をお勧めします。体質改善には、季節の巡りも関係してきますので、四季の変化などを診ながら調整していくため、治療期間は長期になります。

【予防・未病治療・健康維持の場合】

期間  特に問わず
頻度  月2回~月1回

特に強い症状はないけれども、身体の調子を高めておきたい、日頃の身体の疲れを取りたいなど、普段の健康管理として鍼灸を活用する場合は、月2回~月1回のペースでの受診をお勧めいたします。もしこのペースで症状が改善されない場合や、仕事が立て込んで急に疲れがたまった場合などは、このペースに回数を増やしていくと効果的だと思います。

【スポーツや運動をしている場合】

期間  特に問わず、定期的に
頻度  月2回~月1回、試合前など

鍼灸治療を受けておりますと、身体のコンディションが高くなり、身体の柔軟性も高まりますので、怪我をしにくくなります。また、試合や本番の前などに治療を受けておきますと、当日のパフォーマンスが高くなることが多くあります。スポーツや、運動をしている方で、結果を出したい方、コンスタントに活躍したい方などには、症状がなくても定期的に治療を受けておくことをお薦めいたします。

【小児鍼の場合】

期間  短期のことが多いですが、症状によって様々
頻度  週1~3回

小児の身体、特に赤ちゃんの身体は体格も小さいため、治療時間は5分程度と短くなります。このような短時間の治療を一週間に何度も受けることが効果的です。何度も来院できない場合でも、できたら最低でも週一回の間隔で治療を受けていただけますと、効果はでやすいです。治療期間は短期、長期、症状によって変わります。

※ いずれの場合も、病気の症状、身体の状態によって治療頻度・治療回数は異なりますので、まずは受診をしてご相談ください。

東洋医学の鍼灸院 表作動・青山・源保堂鍼灸院 (C)表参道・青山・源保堂鍼灸院
源保堂鍼灸院へのお問合せLinkIcon
鍼灸治療のお申し込みLinkIcon
治療のご相談のお申し込みLinkIcon

Q.鍼で痩せますか?

A.鍼灸治療での痩身は現在研究をしておりますが、ある特長を持った方には効果が出ております。現在でも、鍼灸治療を受け続けている方で、身体がしまってくる方おります。

源保堂鍼灸院では、痩身を目的にした痩身専門の治療はしておりませんが、当院が施す本治法によって体調が整っていきますと、身体や顔のむくみが取れ、身体も締まっていきます。また、身体のバランスが整ってきますと、食欲が正常になり、味覚も整いますので、甘いものの過食も減ってきますので、その結果として身体が痩せていくことがあります。
※ 痩身については現在研究中で、その成果として、ある特定の体質の方には結果が出てきております。“ある特定の方”とは、東洋医学の診断方法である、脈診に出る特長なので、ここで述べることは難しいところがあります。

鍼による痩身を研究・実践されている先生もいらっしゃいますが、表参道・青山・源保堂鍼灸院での鍼灸治療は、特別な痩身を意図した治療ではなく、あくまで体質改善をしながら、結果として身体がしまっていくものと理解してください。

東洋医学の鍼灸院 表作動・青山・源保堂鍼灸院 (C)表参道・青山・源保堂鍼灸院
源保堂鍼灸院へのお問合せLinkIcon
鍼灸治療のお申し込みLinkIcon
治療のご相談のお申し込みLinkIcon

Q.鍼灸でお肌の調子は良くなりますか?

A.鍼灸でお肌の調子も良くなります。

鍼灸治療を継続的に受けていますと、お肌の調子はよくなります。
表参道・青山・源保堂鍼灸院の特徴である鍼灸治療・本治法を受けていますと、五臓六腑のバランスが正常になり、全身の気・血・津液(しんえき・水分のこと)が充実して、皮膚にも十分な栄養が届くようになりますので、その身体の中の反映として、皮膚表面に艶が出てきます。これは、東洋医学・鍼灸の古い書物にも、“健康な人は肌の艶が在る”“治療がうまくいくと腎脂(じんし)という身体の中から出るツヤが現れる”という記述があり、これは身体の中から改善されている身体皮膚の艶を表現したものです。
表参道・青山・源保堂鍼灸院では、症状が取れた後も、お肌のためや美容のために定期的にご来院なさる女性の方も多くいらっしゃり、実際にお肌が明るくなったと化粧品屋さんで言われた方などもおります。

東洋医学の鍼灸院 表作動・青山・源保堂鍼灸院 (C)表参道・青山・源保堂鍼灸院
源保堂鍼灸院へのお問合せLinkIcon
鍼灸治療のお申し込みLinkIcon
治療のご相談のお申し込みLinkIcon

Q.鍼で癌は治りますか?

A.痛みを軽減するなどの効果はありますが、鍼でがんを治すのは現在のところ難しいと考えております。

癌は現代医療においても最難関の病であり続けています。東洋医学・鍼灸においてもそれは変わらず、現在のところ当院においても、鍼でがんを治癒させるのは難しい、治らないと言わざるを得ません。
適切な処置を病院でしていただいた上で、その補助として、痛みを軽減する、体力を保持するなどには有効です。また、癌摘出手術後の再発予防や、身体のケアに対しては、鍼灸治療は適しております。

東洋医学の鍼灸院 表作動・青山・源保堂鍼灸院 (C)表参道・青山・源保堂鍼灸院
源保堂鍼灸院へのお問合せLinkIcon
鍼灸治療のお申し込みLinkIcon
治療のご相談のお申し込みLinkIcon

Q.鍼灸で自律神経失調症は良くなりますか?

A.自律神経失調症は、鍼灸の得意分野でもあります。

自律神経は内臓や呼吸など自分が意識しない身体の働きを、自動的に調整する神経ですが、これには交感神経と副交感神経があります。これはスイッチのオンとオフのようなもので、働きを活発にしていくのが交感神経で、働きをクールダウンしていくのが副交感神経です。東洋医学ではこの働きを、古来より陰と陽という考え方で捉えており、引用の調和が健康の秘訣の一つと考えていますので、東洋医学である鍼灸治療は、自律神経失調症などにもたいへん有効なところがあります。特に源保堂鍼灸院が施す本治法は、鍼灸治療の中でも、身体の陰陽を調整すること(身体全体のバランスを整える)をひとつの目標とし、得意としている治療ですので、自律神経の調整にはかなり効果を発揮することができます。
自律神経は、身体のさまざまな働きを調整していますので、この自律神経を調整するということは、身体全体の調子を整え、大きな病気にかからないようにする予防にもつながっていきます。

東洋医学の鍼灸院 表作動・青山・源保堂鍼灸院 (C)表参道・青山・源保堂鍼灸院
源保堂鍼灸院へのお問合せLinkIcon
鍼灸治療のお申し込みLinkIcon
治療のご相談のお申し込みLinkIcon


Q.鍼灸でストレスは取れますか?

A.鍼灸でストレスも取れます。

鍼灸治療でストレスを取ることは可能です。
現代社会でストレスを感じない日はないほど、毎日我々はストレスに身も心もさらされています。そのストレスは放っておくと胃潰瘍、十二指腸潰瘍などを始めとした多くの疾患を引き起こすことがあります。鍼灸治療は全身の緊張を緩める作用がありますので、ストレスを除去していくことができます。鍼灸治療を受けるとともに、さらに食事をしっかりしたものに換えていただくと、身体の隅々に栄養が巡るようになり、身体全体の体力がついていきますので、自然とストレスに強い心身になっていきます。特に源保堂鍼灸院が施す「本治法」は、自律神経のバランスを調え、全身の治療をしていますので、リラクゼーション効果もあり、ストレス除去にもとても効果があります。治療後は仕事にも集中できるようになります。
最初にストレス症状以外の症状を抱えてきた患者さんの中でも、鍼灸治療を受けているうちに、ストレスの除去という鍼灸治療の側面を知っていただき、当初の症状が無くなった後でも、引き続き継続してリラクゼーションを求めて来院される方も多くいられます。このように、日ごろのメンテナンスを鍼灸治療で行うことでストレスに負けない心身になり、仕事への意欲や生活の張りにつなげていただけたらと思います。

東洋医学の鍼灸院 表作動・青山・源保堂鍼灸院 (C)表参道・青山・源保堂鍼灸院
源保堂鍼灸院へのお問合せLinkIcon
鍼灸治療のお申し込みLinkIcon
治療のご相談のお申し込みLinkIcon


Q.冷えむくみは鍼灸で良くなりますか?

A.冷えむくみも鍼灸で良くなります。

冷え、むくみもまた鍼灸治療で良くなります。
冷え、むくみの原因は様々です。水の代謝の悪さ、、胃腸の消化力の低下、甘いもののとりすぎによる内臓の疲れ、腎臓の疾患など様々です。冷えやむくみは具体的な病名がつくものではありませんので、病院では治療方法もなく、特に女性にとってはお困りになっている症状の一つです。表参道・青山・源保堂鍼灸院の「本治法」は、症状に対しての治療ではなく、どうしてこのような状態になったのかという原因を追究していく治療方法です。継続的に鍼灸治療を受けていただき、治療効果が積み重なっていきますと、日ごろの水分代謝がよくなり、栄養の巡りや血行も良くなりますので、むくみや冷え症も改善されていきます。水太りのような方の場合は、身体の中の水の排泄がうまくできるようになるため、体重が減っていく効果もあります。

東洋医学の鍼灸院 表作動・青山・源保堂鍼灸院 (C)表参道・青山・源保堂鍼灸院
源保堂鍼灸院へのお問合せLinkIcon
鍼灸治療のお申し込みLinkIcon
治療のご相談のお申し込みLinkIcon

Q.鍼灸で新陳代謝は良くなりますか?

A.鍼灸で新陳代謝も良くなりま。

鍼灸治療を受けておりますと、新陳代謝も良くなります。
鍼灸治療は身体全体に効果が波及します。そして、その効果は身体全体の機能を高めることになりますので、新陳代謝が良くなっていきます。身体全体の血行も良くなります。例えば低体温の方などの場合など、治療を受ける前と、治療を受け続けていった後の基礎体温を比較してみますと、基礎体温が平均して上がることも多いです。基礎体温が上がることで、生理痛、頭痛、うつ的な症状、などの身体の不調が改善されることも多々あります。

東洋医学の鍼灸院 表作動・青山・源保堂鍼灸院 (C)表参道・青山・源保堂鍼灸院
源保堂鍼灸院へのお問合せLinkIcon
鍼灸治療のお申し込みLinkIcon
治療のご相談のお申し込みLinkIcon

関連ページ

コラム『東洋医学って何?』 「体温」

Q.鍼灸は免疫にはどのような影響を与えますか?

A.鍼灸は免疫力の向上に役立ちます。

鍼灸治療によって、免疫力は増加していきます。
最近では鍼灸の効果についても、科学的な実験がなされおりますが、そのデータによりますと、鍼灸治療は免疫力を上げる方向に働き、また、免疫機能のバランスを取ると発表されています。免疫機能も自律神経によって調整されていることが最近分かってきておりますが、自律神経のバランスを取ることができる鍼灸治療は、免疫機能の質を維持することが出来ることにつながっていきます。東洋医学では、古より“未だ病まざる身体を治す”という予防医学を推奨していますが、これは鍼灸治療が免疫力を上げて病にかかりにくい身体にしていくということを表わしています。
日々ストレスや環境ホルモン、低体温症などによって免疫力が下がる傾向にあるといわれる現代社会においても、古来の知恵の結集である東洋医学・鍼灸が役に立っております。

東洋医学の鍼灸院 表作動・青山・源保堂鍼灸院 (C)表参道・青山・源保堂鍼灸院
源保堂鍼灸院へのお問合せLinkIcon
鍼灸治療のお申し込みLinkIcon
治療のご相談のお申し込みLinkIcon

関連ページ

未病治療・予防医学

Q.鍼にデトックス(毒出し)効果はありますか?

A.鍼にも一部のデトックス(毒出し)効果はあります。

東洋医学では昔から体の中の毒を「水毒」「お血(汚れた血)」「食毒」と表現しています。身体の代謝が落ちてくると、これらの毒が身体にたまっていき、美容・健康の大敵となります。そしてこの毒がたまると、体調がさらに悪くなるという悪循環を引き起こします。とくにお血などは、女性の生理不順や、不妊症にも関係してきますので、注意が必要です。鍼灸治療を受けていますと、全身の気血の流れが良くなり、また、お小水などの出もよくなり、代謝も上がりますので、昨今言われているデトックス(毒出し)の効果の一部も期待できます。表参道・青山・源保堂鍼灸院の鍼灸治療は、常に身体全体を調整するものですので、こういった効果も期待できます。

東洋医学の鍼灸院 表作動・青山・源保堂鍼灸院 (C)表参道・青山・源保堂鍼灸院
源保堂鍼灸院へのお問合せLinkIcon
鍼灸治療のお申し込みLinkIcon
治療のご相談のお申し込みLinkIcon

Q.そちらでは逆子の治療をしていますか?

A.逆子の治療もしております。

表参道・青山・源保堂鍼灸院でも、逆子改善のための鍼灸治療をしています。至陰(しいん)というツボへのお灸が逆子の治療に良く使われますが、当院ではこのツボだけではなく、本治法と呼ばれる伝統的な東洋医学の鍼灸治療をすることで、逆子の治療にもより高い効果を上げております。

東洋医学の鍼灸院 表作動・青山・源保堂鍼灸院 (C)表参道・青山・源保堂鍼灸院
源保堂鍼灸院へのお問合せLinkIcon
鍼灸治療のお申し込みLinkIcon
治療のご相談のお申し込みLinkIcon



源保堂鍼灸院についての案内(C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症など
源保堂鍼灸院の住所・電話・地図(C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症など
源保堂鍼灸院へのアクセス(C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症など
源保堂鍼灸院への写真付き道順(C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症など
源保堂鍼灸院の住所・電話・地図(C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症など
源保堂鍼灸院の住所・電話・地図(C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症など

東洋医学・鍼灸について(C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症など
コラム東洋医学って何?(C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症など
はじめての鍼灸治療ガイド(C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症など
東洋医学・鍼灸を学ぼう!(C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症など
はりきゅうギャラリー(C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症など
ブログ続鍼たま(C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症など
ブログ鍼たま抜粋記(C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症など

源保堂鍼灸院へ鍼灸治療を申し込む(C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症など
鍼灸治療の相談をする 源保堂鍼灸院へ鍼灸治療を申し込む(C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症など
源保堂鍼灸院に関するお問合せをする 源保堂鍼灸院へ鍼灸治療を申し込む(C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症など

源保堂鍼灸院公式ブログ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症など
初めての鍼灸治療ガイド (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症など
東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症など
源保堂鍼灸院公式ブックレビュー (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症など


源保堂鍼灸院は
日本鍼灸師会・全日本鍼灸学会
に所属しています。
社団法人 日本鍼灸師会
社団法人 全日本鍼灸学会
あなただけの鍼灸院が検索できる鍼灸ネット
社団法人 東京都鍼灸師会